収益物件は投資にとって重要【サンサン不動産のお得な情報】

参考になるものを活用する

不動産

不動産投資セミナーが人気です。無料で参加できるものが多いからです。また、副業として始めたいという人も多くなっています。老後の生活を考える上で始めたいという人も、知識を身につけるために参加することが多くなっています。

この記事を読む

賢い物件選びとは

成功する収益物件の活用方法を極めましょう。コチラの情報を参考にすることで、良い結果をだす可能性が広がります。

新築、築浅には注意

不動産

不動産投資で最も重要なのが、収益物件です。収益物件次第で不動産投資が成功するか否かが、ほぼ決定しますから、収益物件選びは慎重に行う必要があります。注意すべきことは、必ずしも新築、あるいは築浅物件が優良な収益物件ではないということです。不動産投資の手段の1つに、家賃収入を得る手段があります。新築、築浅物件は当然、家賃を高く設定できます。しかし、それは最初に限ったことだと言って良いでしょう。次の借主からは、家賃を下げるを得ないということが往々にしてあります。なぜなら、新築、築浅物件であっても、時が経てば古い物件になってしまうからです。新築、築浅物件のデメリットは他にもあります。現在、住宅は、かなり込み入った状態で建てられています。言い換えれば、新築の住宅を建てるスペースは、あまりないのです。従って、新築、築浅物件というのは立地条件が悪いことが往々にしてあるのです。そういった物件の価値は、急速に低下してしまいます。その点、まだスペースに余裕があった時代に建てられた古い物件は、好立地であることも多くあります。ですから、新築、築浅が絶対優良物件ということにはならないのです。

人気が高いリノベーション

もちろん、古い物件にもデメリットはあります。それは、言うまでもなく劣化です。そして、現代的ではないところもデメリットとなります。但し、それらは改善可能です。なぜなら、リフォームやリノベーションを施せば、古い物件も新しく生まれ変わるからです。とりわけ、リノベーションは有効です。リフォームは機器や設備等を最新のものに取り替えることですが、リノベーションは更に大掛かりであり、間取りや水道の配管等も変更します。従って、リノベーションを施せば、新築同様の現代的な住まいとなるのです。リノベーションを施した賃貸物件は、新築物件に近い家賃を設定できます。ですから、貸主は古い物件なのに多額の家賃収入を得ることができますし、片や借主は新築同様なのに新築ほど高い家賃を支払わずに済みます。このように、貸主と借主、双方にメリットがありますから、リノベーションを施した賃貸物件は、現在も人気なのですが、今後、人気が高まるでしょう。

不動産に関して投資を

一軒家

不動産投資で失敗をするのは、値が上がると思って購入したのに騰がらなかったとこです。これが不動産投資の正道であるとすらいえます。但し、これに物凄くお金はかかりますし、どうして騰がると判断したのか、その情報源をよく検討することです。

この記事を読む

情報入手が必要です

一軒家

不動産投資会社を選ぶ際にとても重要になってくるのが、その会社の評判です。インターネット上にある口コミサイトや体験談などを色々と見てみれば、各社の評判を知る事が出来ますから、まずはそれらを参考にしてみましょう。

この記事を読む